デリヘル1分間! > 店舗掲載トップ > 掲載利用規約

掲載利用規約

掲載利用規約

デリヘル1分間!運営事務局(以下「当事務局」といいます)が運営する「 デリヘル1分間!(http://deriheru-1m.com/) 」を介して利用者に提供する店舗及び店舗在籍従業員の情報提供サービス(以下「本サービス」といいます)の利用に関する規約(以下「本規約」といいます)を以下のとおり定めます。

第1条 (利用者)

1. 利用者とは、

  1. 本規約を承諾している
  2. 刑事罰を有する法律はもちろん、各種法令を厳守している
  3. 違法行為、又は公益を損なう活動を行っていない
  4. 18歳未満の従業員又は不法入国者及び不法滞在者の雇用をしていない

上記を満たしている本サービス申込者を指すものとし、利用者は、本サービスを利用するにあたって、これら要件を満たしていることを真摯に表明・誓約するものとします。

2. 1の条項を満たしている場合であっても、当事務局独自の掲載基準により申し込みを拒否する事ができ、拒否理由の開示義務はないものとします。

第2条 (利用の制限)

1. 利用者は、当事務局が承認した場合を除き、「デリヘル1分間!」及び他の利用者の情報の内容や作成物を複製、出版、販売その他広告利用の範囲を超えて利用することはできないものとします。

2. 利用者は、第三者に本サービスを利用させたり、本サービスを利用する権利を譲渡する事はできないものとします。

3. 利用者として所有できるアカウントは1店舗につき1アカウントとし、本サービス開始後、1店舗で複数のアカウントを所有している旨が判明した場合は届出確認書や店舗情報を元に調査の上、当事務局で無効と判断したアカウントを取り消し、この決定にはいかなる場合も異議申し立ては出来ないものとします。

4. 利用者は、本規約以外の使用条件が別途定められている場合は、それに従うものとします。

第3条 (利用の停止、データ削除)

利用者が次に掲げる事由の一に該当した場合、当事務局は利用者に発行したアカウントを停止・データ削除できるものとし、それに伴って生じた利用者の損害について当事務局は一切の責任を負いません。

  1. 利用者が申し込んだ情報の内容や作成物が本規約に違反した場合
  2. 利用者が本サービス開始後、提示された情報の内容や作成物が実態と異なるものだった場合
  3. 利用者が本サービス開始後、指定されたリンク先がリンク切れを起こし、当該ページが表示されない場合
  4. 利用者が本サービス開始後、当事務局が容認出来ない情報や作成物が表示されていた場合
  5. 利用者が本サービス開始後、当事務局に不利益となる行為を行った場合
  6. 利用者が本サービス開始後、当事務局が容認出来ないサービス品質であると判断した場合
  7. 利用者が店舗在籍従業員の情報や作成物を従業員の許可なく提示していた事が判明した場合
  8. 利用者が本規約のいずれかに違反している事実が判明、またはその恐れがあると当事務局が判断した場合(これら違反等事実は、申し込みの時点のみならず、本サービス利用中のいずれかの時点で確認された場合も含むものとします)

第4条 (サービスの中断と停止)

当事務局は、次に掲げる事由の一に該当した場合には、一時的に本サービスの一部又は全部の提供を中断もしくは停止することができるものとし、それに伴って生じた利用者の損害について当事務局は一切の責任を負いません。また、受領した本サービスの利用料金返還には応じません。

  1. 「デリヘル1分間!」のシステムを定期的又は緊急に保守を行う場合
  2. 回線障害、サーバー障害、火災、停電、その他やむを得ない事態が発生した場合
  3. 天災、事変、その他不可抗力による非常事態が発生した場合
  4. その他、運用上、当事務局が本サービスの一時的中断を必要と判断した場合

第5条 (サービス内容の変更)

当事務局は、利用者に事前に通知することなく、本サービスのサービス内容の追加、部分的改廃を行うことができるものとします。

第6条 (責任の範囲)

当事務局は、本サービスで提供する一切の内容について、その完全性、正確性、適用性、有用性および直接的もしくは間接的に生じた結果について、いかなる責任も負わないものとします。

第7条 (損害賠償)

1. 当事務局は、本サービスの中断、本サービスの利用中の事故、および本サービスの利用により直接的および間接的に生じた利用者の損害に対し、いかなる責任も負わないものとします。

2. 利用者は、本サービスの利用によって第三者に対して損害を与えた場合は、自己の責任と費用をもって解決し、当事務局に損害を与えないものとします。

3. 当事務局は、利用者が本規約に反した行為、不正もしくは違法な行為によって当事務局に損害を与えた場合当該利用者に対して損害賠償請求を行うことができるものとします。

第8条 (利用料金等)

1. 有料掲載の利用者は、定められた本サービス利用料金を当事務局が指定した期日までに支払うものとします。

2. 前項の利用料金に対する消費税は、消費税法所定の税率を利用料に乗じて算出された金額とします。ただし、前項の利用料金について「消費税込み」と表記してある場合を除きます。

3. 当事務局は、利用者の承諾を得ることなく事前通知によって利用料金の改定又は部分的変更を行うことができるものとします。

第9条 (規約の変更)

当事務局は利用者に事前に通知することなく本規約を変更することができるものとします。この場合には利用者の利用条件その他契約の内容は改定後の新規約を適用するものとします。

第10条 (協議)

当事務局と利用者との間で本規約の範囲を超える問題が生じた場合には、当事務局と利用者がそれぞれ誠意をもって協議しその解決に努めるものとします。

第11条 (準拠法、合意管轄)

本規約は日本法に基づき解釈されるものとし、本規約に関し訴訟の必要が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

[附則]この規約は2010年03月01日より実施します
2014年12月12日 改訂
2013年03月19日 改訂
2012年11月26日 改訂
2011年02月07日 改訂
2010年08月03日 改訂
2010年07月14日 改訂